お知らせ

2017.03 鳥の雌雄鑑別が遺伝子検査でできるようになりました

飼い鳥の一部の品種では雌雄の鑑別が困難な場合があります。
遺伝子検査によって正確な鑑別が可能になりました。
検査可能な種類等詳しくは直接お問い合わせください。

2016.09 鳥の検査と小動物遺伝子検査追加しました

鳥の検査を新しく追加しました
 鳥クラミジア検査
 鳥マイコプラズマ検査
 鳥クリプトコッカス検査
 オンム類くちばし羽毛病ウィルス検査(PBFDV)
 トリポリオーマウィルス( セキセイインコ雛疾患)検査
 ボルナウィルス検査 

ご利用ください

小動物遺伝子検査追加しました
どれも特殊な病気に対する検査ですが診断に役立つはずです
 進行性網膜萎縮症
 フォンウィルブランド病
 セロイドリポフスチン症
 コリー・アイ
 遺伝性好中球減少症
 GM-1ガングリオシドーシス
 GM-2ガングリオシドーシス
 肥大型心筋症
 イベルメクチン感受性
 性決定遺伝子

 ご利用ください

2015.03.01 動物たちにやさしいレーザー治療開始します

2015.3月より レーザー治療が始まります
動物たちにやさしい負担の少ないレーザー治療を提案します
詳しくは動物の豆知識の欄をご覧ください