診察している動物

犬

小型犬から大型犬まで色々な犬種に対応してます 

■予防接種

     混合ワクチン  狂犬病予防ワクチン
■フィラリア症予防
■ノミ・ダニの予防
■不妊・去勢手術

などに対応してます

ワクチンはなぜ必要なのでしょうか?

動物が死亡する可能性がある感染症から 動物を守るためにワクチンを接種します

生後間もない動物は生まれてすぐは母乳の免疫に守られていますが持続時間には限りがあり次第に弱くなっていきます
長く持続する免疫を作るためには 免疫を作ってあげなければなりません

初めて混合ワクチンを始める仔犬のおおよその接種予定日

1回目 8週齢(約2ヶ月)

2回目 12週齢(約3ヶ月)

3回目 14週齢(約3.5-4ヶ月)

狂犬病予防ワクチン

生後91日齢以降に第1回目の予防接種を始めます
初年度に登録を保健所にします 以降年1回摂取を継続してください
幸い現在の日本には発生が見られませんが(防疫を一生懸命にしている方々のおかげですが)人にも感染して致死的経過を取ることもあります
犬を飼育される方の義務でもあります 摂取を受けましょう

猫

各種の予防に対応してます

■混合ワクチン摂取
■ノミ・ダニの予防
■血液検査・尿検査などによる健康診断
■不妊手術や去勢手術

などに対応しています 

マイクロチップによる固体識別も大切です
(注射1本ですぐに処置ができます)
家猫の肥満対策も知っておきましょう
猫の便秘は猫の死活問題です
最近はとても良い治療ができるようになりました
ご相談ください

初めて3種混合ワクチンを始める仔猫のおおよその接種予定日

1回目 8週齢(約2ヶ月)

2回目 12週齢(約3ヶ月)

3回目 16週齢(約4ヶ月)

猫は高齢になると腎臓の病気が多発します
定期的に血液検査 尿検査を受けてください
尿量が増えた尿が薄くなってきた食べてるのにやせてきた よく吐くようになった
などの症状が出てきたらすぐに検査を受けましょう

鳥類

鳥類

和鳥や洋鳥など一般家庭で飼育されている鳥類の診察 治療に対応しています

体温がとても高い動物なので環境温度が高いところで育てます
よく食べよく排泄する動物なのでしっかりとした栄養価の高い食餌を与えます
いわゆる混合シード類は栄養学的には不十分ですからご注意ください
くわしくは動物豆知識のなかに書いてありますので参考にしてください

その他の動物(ハ虫類 両生類 小型の猿類)

その他の動物(ハ虫類 両生類 小型の猿類)

一般家庭で飼育可能なハ虫類、両生類、小型の猿類等の診察 治療に対応しています

この種の一番の問題点は食餌の問題です
偏った食餌は成長をさまたげ寿命も短くします
バランスの良い バラエティーに富んだ食餌を与えます
エネルギー 抵抗力(免疫力)は食べ物からとります
薬は栄養ではありませんから成長期の頃に食餌の味を教えて多種の食べ物を教えてください

経験不足で対応できない種類もありますのでご相談ください
※申し訳ありませんが、ヘビ類の診察は対応できませんのでご了承願います。